ロータリーカッターギアボックス

The working part of the rotary tiller is a straight or curved blade, which is fixed on the cutter shaft by a plurality of blades. In operation, the cutter shaft is driven to rotate by the power output shaft of the tractor. Therefore, the working component is called a drive rotation. Working parts, when the rotary tiller is working, the blades rotate at a certain speed and advance in random groups to form a milling process for the soil - cutting, crushing and throwing backwards.

ロータリー耕うん機は、耕起と鍬の操作を完了するためのトラクターを備えた耕うん機です。強力な土壌破壊力と耕起後の平坦な表面により、広く使用されています。同時に、それはプランターの操作を容易にし、後の播種のための良い苗床を提供するために表面の下に埋められた根を切ることができます。ロータリー耕うん機の適切な使用と調整は、その良好な技術的状態を維持し、農業の品質を確保するために重要です。

ロータリー耕うん機ギアボックス5205-ロータリーカッターギアボックス

ロータリー耕うん機製品の分類と開発動向

第一に、横軸タイプ:土壌を破壊する能力が強く、主に灌木地、湿地、草の荒れ地の耕作に使用されます。作動部品には、ロータリーカッターローラーと、マルチヘッドスパイラルに従って均一に配置された複数のカッティングブレードが含まれ、これらは、トラクターの動力出力シャフトによって伝達装置を介して駆動され、一般的な回転速度は190〜280rpmです。ナイフロールの回転方向は、一般的にトラクターの車輪が回転する方向と同じです。カッティングブレードは土の層を前から後ろに切り、土塊を後ろに投げてケーシングとキャリッジに投げ込み、さらに壊します。ナイフロールが土を切って投げるとき、ナイフロールにかかる土の反力がユニットを前方に押し出すのに役立ちます。そのため、水平回転式耕うん機は運転中の牽引力がほとんどなく、ナイフロールでユニットを前方に押すことができる場合があります。


The cutting blade can be divided into a chisel knife, a machete, a right angle knife and a curved knife. The front end of the chisel-shaped knife is narrower, has better ability to enter the earth, and has low energy consumption, but is easy to entangle the grass, and is mostly used in vegetable gardens and courtyards with few weeds. The curved edge of the machete has a sliding effect, which is easy to cut the grass roots without entanglement, and is suitable for paddy field farming. Right-angled knives - with vertical and horizontal cutting edges, the blade is wide, rigid and easy to manufacture, but the soil is poor. The curved knife has high strength, good rigidity and good sliding action, and is usually used on a heavy-duty rotary tiller. When it is used with tractors below 15 kW, it is generally connected directly without universal joint transmission; when it is matched with tractors of 15 kW or more, it adopts three-point suspension type and universal joint transmission; heavy-duty rotary cultivators generally adopt traction type.

フレイルモアギアボックス–ComerコードT-301Bの交換
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC-105の交換
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC-100の交換
ロータリーカッターギアボックスEP25
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC-71の交換
角度のあるギアボックス–ComerコードT-27Aの交換
角度のあるギアボックス–ComerコードT-292Bの交換
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC-51の交換
ロータリーカッターギアボックスEP50
ロータリーカッターギアボックスEP26
角度のあるギアボックス–ComerコードT-331Aの交換
T-27Aロータリー耕うん機ギアボックス
角度のあるギアボックス–ComerコードT-281Aの交換
ロータリー耕うん機ギアボックスEP70
角度のあるギアボックス–ComerコードT-281A1:1の交換
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC-30の交換
角度のあるギアボックス–ComerコードT-278Aの交換
ロータリーカッターギアボックスEP40
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC-61Tの交換
ロータリーカッターギアボックスEP09
ロータリー耕うん機ギアボックスEP18
ロータリー耕うん機ギアボックスEP80
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC-20の交換
ロータリーカッターギアボックスEP02
ロータリーレーキギアボックス–ComerコードK-795Tの交換
ロータリーカッターギアボックスEP05
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC-27の交換
ロータリー耕うん機ギアボックスEP17
角度のあるギアボックス–ComerコードT-281Jの交換
丸鋸およびベルト鋸ギアボックス–ComerコードT-19Gの交換
マイクロティラーギアボックスEP11
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC61の交換
ロータリー耕うん機ギアボックス–ComerコードT-311J1:3フリーホイールの交換
ロータリーカッターギアボックス
ロータリー耕うん機ギアボックス–ComerコードTB-278Cの交換
角度のあるギアボックス–ComerコードT-281A9.281.874の交換
ロータリーカッターギアボックス–オムニコードRC-130の交換
ロータリーカッターギアボックスEP10
ロータリー芝刈り機ギアボックス–ComerコードLF-199Aの交換
角度のあるギアボックス–ComerコードL-150Jの交換
角度のあるギアボックス–ComerコードT-19A1.46:1の交換
T-19B農業用ギアボックス1.84:1
ロータリーカッターギアボックスEP35
角度のあるギアボックス–ComerコードT-22Aの交換
角度のあるギアボックス–ComerコードT-27A1:1の交換
  • 1
  • 2

ロータリー耕うん機ボックスを選ぶときになぜ高いキャビネットを選ぶのですか?

ロータリー耕うん機は、耕起や除草ができるトラクターを備えた耕運機です。強力な破砕能力と栽培後の平坦な表面により広く使用されています。同時に、それはプランターの操作を容易にするために地面に埋められた根を切ることができます。スピン培養の正しい選択は、植え付け後です。良い苗床を提供するための鍵は、回転式耕うん機本体の高さが主に彼が持っている軸の数(4つの高さと2つの低さ)に依存することです。


(1)デュアルドライブトラクターを装備すると、運転中の出力とスプラインシャフトの角度が小さくなり、ユニバーサルベアリング、パワー出力ベアリング、マッシュルームベアリングの耐用年数が長くなります。


(2)ハイボックスロータリーティラーはロワーボックスより重い。動作中は、レバーの原理を形成して前輪の摩擦を減らし、元の位置でより良いステアリングを実現できます。


(3)ハイボックスロータリー耕うん機のカッターシャフトは、ロータリー耕うん機のバッフルから離れており、45cmまでの長い刃で取り付けることができます。平均的な刃の深さも約24cmです。

ja