PTOギアボックスとは何ですか?

パワーテイクオフは、その頭字語であるPTOで最も頻繁に呼ばれ、モバイルマシン市場で普及しているタイプの機械式動力供給です。 PTOは通常、トラックやトラクターのエンジンから(通常はトランスミッションを使用して)高エネルギーとトルクを伝達するプロセスです。ギアボックスとポンプマウントを組み合わせることで、ほとんどすべての種類の機械的エネルギー伝達が実行可能になります。


モバイルマシン市場には、実際には3つの一般的なパワーテイクオフ技術があります。トラクタースタイル、トラックトランスミッションスタイル、およびエンジンクランクシャフト駆動。ただし、後者は通常PTOとは呼ばれません。エネルギー伝達のクランクシャフト駆動戦略は、通常、プラウ/スプレッダーまたはセメントミキサーを含む高速道路トラックの前部に取り付けられた油圧ポンプに利用されます。 Uジョイント付きの小さなシャフトがヨークカプラーに取り付けられ、ポンプを回転させます。ドライブのこの構成は、通常、PTOとは呼ばれません。

ptoギアボックス4130-PTOギアボックス

トラクターのPTOは、トラクターまでかなり大幅に戻ります。初期のPTOのほとんどは、トラクターの後ろに配置されたトランスミッションから駆動されていたため、出力シャフトの位置をすばやく特定できます。 PTOのトランスミッションの種類は、トランスミッションクラッチも接続されている場合にのみ接続され、クラッチが押されたときにPTOが駆動されないようにトランスミッションに直接結合されます。


トランスミッションが車輪を駆動しているとき、トランスミッションのPTOは回転しています。これはまた、丘を下るときのようにクラッチが押されたとき、またはアタッチメントがより高い回転慣性を備えたメカニズムを備えているときに、機械がトランスミッションに逆動力を与えることができ、その結果、駆動輪が急上昇することを意味します。これは、PTOに専用のオーバーランニングクラッチを追加することで回避されました。これにより、トルクが反対方向に加えられるのを防ぎます。

ptoギアボックス89246313-PTOギアボックス

常駐PTOは通常、2段のトランスミッションクラッチを使用します。クラッチの第1ステージはトランスミッションの被駆動部分を操作し、クラッチの第2ステージはPTOの接続を制御します。この戦略により、トランスミッションの独立したハンドルが可能になり、トラクター自体からの停止など、トランスミッションのクラッチ操作に関係なくPTOが動作を維持できるようになります。芝刈り機のアタッチメントを使用するトラクターの場合、1つの例は、これが最小要件です。丘の上や木の周りでクラッチをフェザリングするときは、芝刈り機をオフにすることはできません。


独立したPTOは完全に独立した接続クラッチを備えており、トランスミッションクラッチとは完全に排他的に機能します。 PTOを作動させるには、ボタンまたはレバーを押します。それはそれほど複雑ではありません。通常、レバー操作のクラッチは、別のPTOスイッチの前に作動する必要があります。システムが簡単になるだけでなく、トラクターが停止または移動していても、通常、独立したPTOがアクティブになります。独立したPTOは、機械的構成と静水圧構成の両方で取得できます。ご想像のとおり、油圧式の種類は、静水圧ドライブの急増に非常に好まれています。

The PTO shaft extending from back with the tractor can be a male-splined structure. You will discover three sorts of PTO shafts, and their usage is loosely defined by the power output of your tractor. Every single in the shafts runs at certainly one of two typical speeds: 540 and 1000 rpm. Also, each in the shafts comes in one of two diameters; 1 3⁄8 or 1 3⁄4 inches. Lastly, none of the 3 shafts share a variety of splines

  • 540 rpm-6 spline-1 3⁄8-in. shaft
  • 1000 rpm-21 spline-1 3⁄8-in. shaft
  • 1000 rpm-20 spline-1 3⁄4-in. shaft

The two 1000-rpm shafts are generally known as the little (1 3⁄8 -in.) and huge (1 3⁄4-in.) version. Every shaft is developed for an proper variety of torque and horsepower transmission, as well as the differing dimensions make certain they are not made use of interchangeably. Some tractors can operate more than one of the speed and energy ranges of shafts, but it is vital to try to remember that the implements they drive are usually limited to a design speed. So if a grain auger is made to run at 540 rpm, it could possibly not be an excellent thought to endeavor to crank it up to 1000 rpm.

農業用ギアボックス411747205-PTOギアボックス

Safety is really serious small business with PTO shafts, due to the fact however, they’re infamous for causing both injury and death. Implements must only be operated with all the PTO security covers in spot, and if there is a explanation they don’t exist, added caution must be practiced.

All modern day heavy-duty trucks include the capability to run a power take-off from the transmission. The truck’s transmission will have a cover plate (or two), which can be removed, exposing a spur gear capable to drive a PTO. The truck mounted PTO is versatile, despite the fact that as opposed to tractor PTOs, they are not fairly as universal-mostly due to the numerous transmissions available on the market.


Regardless, few transmissions have no PTO obtainable. The simplest type of PTO is having a single gear to mesh with the transmission’s output gear. These kinds are somewhat restricted in each their speed and horsepower variety, but are extra economical on account of their simplicity.


2つまたは3つのギアを備えたPTOははるかに普及しており、高い馬力、トルク、および速度を必要とするヘビーデューティーアプリケーションにも使用できます。多くのギアは、より広い範囲の速度またはトルクの増加を可能にします。


  • 全て
  • 芝刈り機のギアボックス
  • Replacement of Comer gearboxes
  • ロータリーカッターギアボックス
  • ミキサーギアボックス
  • 穴掘機のギアボックス
  • Replacement of Omni Gearboxes
  • ロータリースラッシャーギアボックス
  • 肥料散布機ギアボックス
  • フィードミキサーギアボックス
jaJA